ゴリ太の雄汁

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゴリ太の雄汁おすじる
ゴリ太の雄汁.jpg
Mr.ゴリラ
発売日 1991年
販売価格 10,000円
メディア VHS
収録時間 40分

この一本あれば
君の部屋は雄汁で充満
くせぇ!くせぇ!

160cm×105kg、胸囲ナント120cmのゴリ太。ある昼下がりの午後、近くの公園を歩いていたら、見知らぬ男に声をかけられ、部屋まで……………………………。

「おメェ、これが欲しかったんだろう。オレのチンポ、スミズミまで舐めろ!!」思いがけぬこの言葉に、コウジ(20才)のマラはおっ勃ち。
「あぁ、兄貴、スゲェよ。デケェよ。感じる、アァァ……。」
グチョッ、グチョッ、グチョッ
「兄貴頼む、掘ってくれ!!」

「コウジ、オレもう我慢出来ねぇ。入れていいか、いくぞ!」
ブチュ〜〜〜ッ。
「いいッ、いいッ、いいッ、いいよ〜〜〜。」「あぁ、たまんねぇ、おメェのケツ。気持ち良すぎていきそうだ。ウゥゥゥ〜。ハァ〜〜〜ン。

登場人物[編集 | ソースを編集]