偽SGW

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

「SGW」と呼ばれる、またその役を演じた人物はSGWMYNSGW(バツイチ)SGW(PG106)SGW(渉)MASARUSGW(圭佑)SGW(遺骨紛失男)唯彰和也を参照


にせさがわ
偽SGW
出典恥辱の罠, COAT Corporation, 1998
偽SGW.jpg
COAT
性別 男性
代表作 BABYLON STAGE 21 恥辱の罠

出演作[編集 | ソースを編集]

概要[編集 | ソースを編集]

『恥辱の罠』第三章「青年の海」に登場した。SGWに似た特徴(顔出しはNGのためか帽子で顔を隠し、オナニーシーンにだけ出演した)であるため、偽SGWなどとも呼ばれている。

作中では海に入ってオナニー(遊んでいる子供の声が聴こえるんですがそれは大丈夫なんですかね…?)した後、高架下のテトラポッドでもシコり、最後は森の中でイッた。台詞がない。

ちなみに本作は今まで発掘されたBABYLONシリーズでは珍しく、出演者が一人しか居ない作品。