入れないで

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

入れないで
入れないで.jpg
サムソンビデオ
商品番号 S-079〜081
発売日 1995年2月
販売価格 10,300円
メディア VHS
収録時間 60分

(1)[編集 | ソースを編集]

メガネ・ハゲのタチ中年が、ぽっちゃり小太り受け中年のアナルへ巨根をずっぽりと根元まで……。正常位、後背位、松葉崩し……体位を次々に変えてつながろうとするタチ中年。いったんつながると、アナルの締めつける快感に「どう? いい? ケツの中すごく気持ちいいよ」とよがるタチ中年だが、受け中年は顔を歪めて苦しそう。撮影前には「あまり経験がないので奥まで入れないで」と言っていた受け中年だったが、まさかこんなに深い結合になろうとは……。やはり太長いマラを奥まで差し込まれると苦しいのだろう。しかし亀頭さえ入ってしまえば根元まで入れたいというのがタチ男の性。結合してしまえばどうにもならず、苦しみうめきながらもバコバコ掘られてしまった受け中年なのだった。(ご注意とお詫び:この作品はマスターテープ劣化のため、ところどころ映像・音声に乱れが生じます。ご了承の上ダウンロードしてくださるようお詫びとお願いを申し上げます。また収録機の性能により音声が小さいため、音量を上げてご視聴ください)

出典:サムソンビデオ公式サイト - サムソンクラシック・入れないで(1) https://www.samsonvideo.tv/dl_detail.php?code=S-079

(2)[編集 | ソースを編集]

太目・固太りの男らしいヒゲ中年がむっちりしたケツを犯される。男に犯されるために作られたような筋肉質で色っぽい白いケツは、正常位でバコバコ掘られて花開き、スプーンを重ねた体位でズコズコと突き上げられる。そしてワンワンスタイルでうしろからずんずんハメられて、とうとう泣きを入れるヒゲ男。しかし実はヒゲ男のアナルは、こんなにいろいろな体位で掘られまくってもビクともしない「鋼鉄アナル」だったのである。(ご注意とお詫び:この作品はマスターテープ劣化のため、ところどころ映像・音声に乱れが生じます。ご了承の上ダウンロードしてくださるようお詫びとお願いを申し上げます。また収録機の性能により音声が小さいため、音量を上げてご視聴ください)

出典:サムソンビデオ公式サイト - サムソンクラシック・入れないで(2) https://www.samsonvideo.tv/dl_detail.php?code=S-080

登場人物[編集 | ソースを編集]

(3)[編集 | ソースを編集]

やさしい顔をしたスキンヘッドの男。おとなしそうな表情だが心の中は男のデカマラで掘られたくてたまらないスケベ野郎。両脚を自分で大きく開いてケツ穴をさらし、二本指でじっくり広げてもらい、おもむろにズルリと挿入されてヒーヒーよがり泣くのだった。後背位から横マンコ、そして松葉崩しと体位を変え、巨根で思う存分突かれると、息も絶えだえになりながらもアナルで快感を味わい、これ以上は無理なくらい奥までくわえ込むドスケベなケツマン野郎。こんなスケベなマンコはユルユルなはずだが、本人は男なんか知りませんという涼しい顔をしているのだった。(ご注意とお詫び:この作品はマスターテープ劣化のため、ところどころ映像・音声に乱れが生じます。ご了承の上ダウンロードしてくださるようお詫びとお願いを申し上げます。また収録機の性能により音声が小さいため、音量を上げてご視聴ください)

出典:サムソンビデオ公式サイト - サムソンクラシック・入れないで(3) https://www.samsonvideo.tv/dl_detail.php?code=S-081