怪文書:大介

提供:真夏の夜の淫夢Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

大介 投稿者:親父ビルダー (7月28日(木)00時21分25秒)

久しぶりにお前の顔見たら やっぱ俺の気持ち 自分で良くわかった 嘘じゃないって

毛深いガチムチのカラダ 前よりずっと 男前になったよな

子供も出来て幸せそうに見えるけど 俺のことも 忘れてないんだろ

俺が欲しかったら たっぷりくれてやるよ いつでも

俺だって お前のケツが恋しい

前みたく 俺に甘えてこいよ 素直になって

「男同士でこんなこともう無理っす」 って泣きながら言ったよな

ゴツイお前を胸に抱いて めいっぱい お前の頭 撫でてやった 最後の夜

その後だったよ 最初聞いたときびっくりした お前が親父になるって

お前を忘れようと わけもなく いろんな奴とやったけど

やっぱお前が一番だった 

お前のケツ お前のチンポ お前の毛深カラダ そして可愛い笑顔

全部 俺のものだ 今でも いつまでも

俺は待ってる いつまでも お前のいないこの部屋で

解説[編集 | ソースを編集]

掲示板「君がとても好き ~想い届きますように」に2011年に投稿された文章。

ポエム風の文体から「湘南乃風のライブ限定曲」というネタ(正確な発祥は不明)として扱われることがある。