書き起こし:変態面接官SUPER S24 変面24時 極上ガタイ編 ピカチュウパンツ兄貴パート

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ピカチュウパンツ兄貴「26歳です」
――26歳
ピカチュウパンツ兄貴「はい」
――でもう働いて~るんだよね
ピカチュウパンツ兄貴「はい」

ピカチュウパンツ兄貴「身長は、161で、体重は大体50……なちょっと出るか出ないかぐらいかな」
――50キロくらい
ピカチュウパンツ兄貴「はい」
――ふーんスポーツは何かやってた?
ピカチュウパンツ兄貴「スポォッスポーツは……中学のときは、陸上と、あとぉ小学校んときから大体高校ぐらいまでカ↑ラ↓テ↑やってました」
――空手!
ピカチュウパンツ兄貴「はい」
――えっ小学校の頃から?
ピカチュウパンツ兄貴「小がっ……」
――高校まで?空手
ピカチュウパンツ兄貴「高校ぐらい」
――じゃ結構長くやってたんだ
ピカチュウパンツ兄貴「そうですね」

(場面転換、脱ぎだすピカチュウパンツ兄貴)

――今彼女とかはいるの?
ピカチュウパンツ兄貴「あっ!います」
――いるんだ
(トレーナーを脱ぎつつ首肯するピカチュウパンツ兄貴)
――週何回ぐらい会ってるの?
ピカチュウパンツ兄貴「ッシュ、シュー……そーうですね、多いときで、も大体5回、大体2回から5回ぐらい」
――あーじゃあ結構会ってるんだ
ピカチュウパンツ兄貴「うん、自分が行くばっかりじゃなくて相手も来るから(タメ口)、っていう……その……」
――あー……
(ズボンを下ろすピカチュウパンツ兄貴)
ピカチュウパンツ兄貴「パンツも預けますか?」
――あっパンツまだ!うん
ピカチュウパンツ兄貴「あぁ……」
――可愛い下着履いてるね(笑)トランクス
ピカチュウパンツ兄貴「ピカチュウっす……」
――それはなに?彼女が?選んだもの?
ピカチュウパンツ兄貴「色々……まぁ彼女っていうかまぁ、なんかそのバレンタインのときに貰ったパンツなんですけど」
――ふぅ~~ん

(ピカチュウパンツ股間ドアップ)

――っとこれ、っと
(裾をめくり上げディグダを弄るインタビュアー)
ピーッ(鼻息)

(おしりドアップ)

――ねぇちょっ出て!手でこうやって、あの、広げるような感じで、うん
――スゥーでちょっと2、3回力!入れてくれる?入れたり……すぼめたりで……ウン……
――スゥー

(自分のディグダを弄るピカチュウパンツ兄貴)


――今でそれ何分勃ちくらい?
ピカチュウパンツ兄貴「エンショ...5ぶ?6?」
――6分勃ち
ピカチュウパンツ兄貴「6分勃ち」

――ちょっいくよ
(ディグダをしごくインタビュアー)


(乳首を触るインタビュアー)
――乳首を触られたりするのは?
ピカチュウパンツ兄貴「触るのはそんな」
――でも色黒いよね?
ピカチュウパンツ兄貴「グヂコ」
――うーん
ピカチュウパンツ兄貴「みんなもっとピンクかな」

(フェラされ、しごかれるピカチュウパンツ兄貴)
プィーップィー
ピーッピーッ

(発)
――だいたいこのくらい?いっつも量は?
ピカチュウパンツ兄貴「うーん。そうですね。だいたいこんなもん」
――男の手でイかれたっていうのは初めだよねぇ?ァーァー
ピカチュウパンツ兄貴「初めてです」
――どうだった?
ピカチュウパンツ兄貴「イクときは別に一緒かなって感じです」
――あぁー

参考元