書き起こし:職場淫猥白書XII 看護師・末広元治

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

末「失礼しまーす。どうですか?調子は、えらいですか?」
関「看護婦さん…昨日から熱っぽくて…」
末「ちょっと一度見てみましょうか、ちょっと上、向けますかね」
関「はい…」
末「こっち向いてもらえますか?」
関「うーうー…(満身創痍)」
末「座れますか?えらいですか?」
関「しんどいですね…」
末「熱ぅ?」
関「うん…」
末「いつあ、いつぐらい…昨日のいつぐらいからですかね?(噛み噛み)」
関「昨日の夕方ぐらいからずっと身体が熱くて…」
末「あ、ちょっと熱っぽいですね、脈もある…ちょっと一旦見てみますね」
(カーリーの服を脱がせ聴診器で身体の調子を調べ始める)
末「今苦しいところとか、痛いところとかは?」
関「うーん…身体がちょっと熱くてちょっと、もうちょっと張ってる感じがします…下の方ですね…」
末「この辺ですか?」
関「はい、ここです…」
末「ここですか?」
関「張ってる感じがして…」
末「ああちょっと浮腫んでますね…」
末「一度先生呼んできますね!あのああですもんまずもう…熱もあるみたいなんで」
関「いやもう先生はいいです」
末「大丈夫ですよ!」
関「治らない治らない…」
末「大丈夫大丈夫、先生は有名な先生なんで」
関「もう先生なんていらないですよ…!」
末「大した病気じゃないんで大丈夫ですって!」
関「治らないですよぉ…」
末「もう駄々こねないで、治りませんよ?治るもんも」
末「すぐ持ってくるんでちょっと待っててください」
関「愛のパワーをください!(池沼大声)」
末「えっ…(ドン引き)」
関「看護婦さぁん…」
末「もう仕方ない…もうどうしたんすか?大丈夫だって」
関「愛のパワーで僕の病気を治してくださぁい!(池沼)」
末「他の患者さんに聞こえます!」