書き起こし:顔面発射のド迫力 後編

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ビルダー2人に続くSM館の訪問者は、水泳選手とそのホモ友達の強精コンビ・・・


ホモ友達「この写真の部屋ですよ」
水泳選手「あー(カット)」
(ホモ友達、カンペを読みながら指差し確認を行う)
ホモ友達「ほら、これがウィンチ、滑車、あそこにもうひとつのウィ(カット)」
水泳選手「ロープもあるし~…(カット)」
水泳選手「だけどこのビルダー、ほんとに凄い体してんね~」
水泳選手「このSMのポーズもセクシーだなぁ」
ホモ友達「あなt(カット)泳体型も素晴らしいですよ。ア(カット)でかいし。」
水泳選手「どうしてこれ使うの?」
(ホモ友達、ウェットスーツの後ろにカンペを隠して音読)
ホモ友達「(カット)ぇこれ。この前、あなたを初めて知った、小坪の岩場。あなたがこれを着て潜ってきたでしょう」
水泳選手「あ~、鵠沼のね?」
水泳選手「水か~ら出た途端岩場の上にお、裸の男がずらっといるんだもん。ビックリしたよ」
水泳選手「あそこがハッテン場とは知らな(カット)な」
ホモ友達「あの夜でこれを着たあなたと抱き合った(カット)と。あのときの刺激が素敵だった。」
ホモ友達「もう一度味わってみたかったんです。」
ホモ友達「これを着けたあなたと、ここでSMプレイをやってみたかったんです。」
水泳選手「ホウワァhッアッン」
水泳選手「オワァ...ンマァ」
水泳選手「ォワァ...アァ...ウッ」
水泳選手「ウッー!」
水泳選手「アァッ」
水泳選手「ハァッ」
水泳選手「ォァアアッ!」
水泳選手「ゥウッフッ!」
水泳選手「ンフッ、アァッ」
水泳選手「もう哲学はやめてよ(もっと強くやれよ)」
水泳選手「ェッウッ!ウッー!」
水泳選手「ォアー!」
水泳選手「ンーッ!」
水泳選手「ゴック!」
水泳選手「ンーッ!」
水泳選手「ッァア~イイヨ…」
水泳選手「ッアアッ…ウーン!オォ(カット)」
水泳選手「hハー!」
水泳選手「オンフゥ」
水泳選手「オォ」
水泳選手「ンフウ」
水泳選手「ォフワァウン」
水泳選手「オォ」
謎の手「・・・。」
水泳選手「!?」
水泳選手「あぁ.フウウ、ンッフーッ!ウゥ。アーハッ!アッ...んぐぅ!アッ!hッフウウ八(カット)」
水泳選手「アァ...イg、アァ...アァ。アァン…(乳首モロ感真面目部長風)」
水泳選手「ワァhッフウ」