書き起こし:BABYLON STAGE 30 俺達の復讐 第一章「餌食」

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

※公園でデート中の一転攻勢(シャブラサレータ)とピンキー
ピンキー「フフフ、あの人達叫んでたよ」
一転攻勢「あぁ、叫んでた?」
ピンキー「うん」
一転攻勢「嘘ぉ、マジで?」
ピンキー「(笑い)」

※ピーピーと謎の音が頻繁に入る(笛ラムネくん)

一転攻勢「あれはちょっとイってるよな」
ピンキー「ちょっと目がヤバいよね」
一転攻勢「あー、そうかそうか。うん(棒読み)」

一転攻勢「あれブルドックスじゃね?ブルドックスじゃねえな…」
ピンキー「パグだよパグ
※チラ見しながら通り過ぎるパグくん
※噴水くん「シャー…(迫真)」

ピンキー「ハハハ…」
一転攻勢「ハハハ…(自嘲)」

※公園でたむろすKBSトリオ
青「おし…良い天気だホント」
(他にもトリオが何か言っているが不明)

「男と女が

車の中で

いい時に…」(クソデカテロップくん)

※車の中で絡み始める一転攻勢(シャブラサレータ)とピンキー、明らかにガレージ内
一転攻勢「絶対言うなよ?(小声)」
ピンキー「うん(小声)」

※再び公園のKBSトリオ

黒「あそこ」
青「なんだよあれ?」
黒「おいちょっとあれどうする?」
青「おいやっちまおうぜ!オラ!」
赤「やっちまうか?」
黒「やっちゃいますか!?
青「やっちゃいましょうよ!
黒「その為の右手?
青「おー、マジで」
黒「右手」
赤「スカウトォ…」
黒「あとその為の拳?
赤「やっちゃいましょうよ」
青「拳?拳はやる為にあるでしょ」
黒「金!暴力!SEX!金、暴力、SEXって感じで…」

※KBSトリオ、ガレージ内に登場

黒「おい何やってんだ~?」
黒「おい何やってんだおい~?楽しそうだね~?」
赤「おいおい俺らも混ぜろよお前~」
青「おい楽しそうじゃねぇかオラァ」
黒「おい何やってんだオイ、ゴルァ!オイ!お兄ちゃん俺らも混ぜてくれや!なぁ!楽しそうだね~!」
赤「兄ちゃんよ~」
青「気持ち良いか~?」
黒「ちょっとアツいんじゃないこんな所でー?」
黒「ねーお兄ちゃ~ん。混ぜてほしいんだけど~。わーい(無邪気)」
赤「ほら兄ちゃんよ~。おお、お前!?おお!?お前ぇ!俺も混ぜてくれよオイ!」
青「へいへ~い!気持ち良いかゴルァ?おお?揺れてるなぁお前!」
赤「聞いてんかおい?兄ちゃん…」

黒「おっ開いてんじゃ~ん!
赤「開いてんじゃんよ~お前~」
青「おー、こっちも開いてんぞぉ~↑オイ!」
赤「連れて行っちまおうぜオイ」
黒「出てこい…出てこいよ…」
青「騒ぐんじゃねぇぞ~!」
黒「こいつ連れて行っちまおうぜ」
一転攻勢「すいませんちょっと、やめてください!」
赤「うるせぇお前ちょっと来いよオラ!」

「連れ込まれ…

彼女の目の前で」(クソデカテロップくん)

※ピンキーを放置して一転攻勢を襲うKBSトリオ

一転攻勢「やめろォ!」
黒「見してみろよ~」
黒「いいモンついてんねぇ~ えぇ?」
※一同笑う

「彼らの目的は

男。」(クソデカテロップくん)

※以降、大したセリフもなく黙々と制裁が続く