書き起こし:POWER GRIP 66 オトナの時間 2 POWER ADULT NKTIDKSGパート

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

―今は歳はいくつなの?
「歳は27歳です」
―27。えー身長体重っていうのは?
「えー77cm、70kgです」
―77cm、70kg。
「70kg(ハモリ)」
―スポーツとかトレーニングとか何かしてた?
「前アメフトやってて、今もジムに週2回くらい通ってます」
―ふーん。
―普段仕事の時っていうのはどういう格好するの、スーツ?
「スーツです」
―ネクタイ締めて?
「はい」
―最近、Hしたっていうのはいつ?
「一週間前です」
―一週間前。
―じゃあ、最近オナニーとかっていうのは?
「一週間にいっぺんですね」
―うん…
「毎晩遅いんで 仕事で帰ってくるとき」
―あぁ…
「えぇ」
―え、オナニーするときっていうのは、いつする?寝る前とか?
「寝る前です」
―ふーん。えっベットってか
「ベットです」
―布団の中で?
「はい」
―ふーん…
―シャツ脱いじゃってくれるかな?
―かなり、胸板とかあるよねえ。
「あ゛あ゛い゛」
―結構自信ある?
「体は~…年の割には自信ある方ですね
―うーん…
「はい」
―じゃあ、胸囲って言うのはいくつぐらいあるの?
110弱でしょうねぇ
―110弱…
「最近測ってないからわかんないですけど」
―100…
「5ぐらい?」
―ん?100ぴったりぐらい。
あ~…落ちたねえ…
―うん…
「落ちましたね。えぇ」
―えっ! 一時はやっぱ110ぐらい?
115ぐらい(天下無敵)
―115ぐらいあったの?
―ヒェ~…すっごい
―えぇ…この、幅が凄いよね。
「いや、ほんと痩せましたよ」
―ん!?
「ええ、痩せましたよ」
―それでも痩せたんや。
―じゃあ、うん、下も脱いじゃって。
「いつもビギニかブリーフ…」
―うん…
「履いてますね」
―トランクスは嫌いなんだ?
「常にこう…ピシッと!股間を保っとくのが
―うん
「ええ」
―はい
気持ちいいですね(建前)あっ気持ちよくはない!(本音) ええ」
―(笑)
「ブラブラしてるより良いなと」
―うん…
「ええ」
―自分のものは結構、自信ある?
「大きくなったら自信あります」
―大きくなっ…
「えぇ」
―普段の時は?まぁ人並み?
「まあ、人並みでしょうね」
―(笑)
「すぐ粗チンとか言われますけどもね」
―えっそうなの!?
「えぇ」
―えっ、誰に言われるの?
「えぇ」
―彼女?
「いえいえ、友達とかねー先輩とか」
―あっ友達…ふーん…
―じゃあ水着もやっぱり、ぴっちりしたようなビキニ?が多い?
「基本はビギニですね」
―基本はビキニ。
「えぇ」
―はい
―でも普段のときってでもそんなにはちっちゃくないよね?
「ちっちゃくないっすね(小声)」
―フェハハ!(笑う)
「あっそうですか!?(歓喜)」
―うーん…だって結構モッコリしてるよね?
「玉がデカイんですかね?」
―えっ?
「ナニは小さいですよ」
―(笑)
「えぇ」
―流石にそういうエッチ系のは…持ってない?
「これはないですね…」
―Tバック。
「いいですね、ええ」
―あっ、ピッタリフィット感が…
「そそられますね」
―ふーん…
Oバック
―うん
―はい
―じゃあ、うん。こっち側(笑)どした?(笑)
―(笑)なになに?
なぁんかもう… バ、バラ~マキさ、されそうで怖いっすねなんかね(未来予知)
そんなの大丈夫だってwww(大嘘)
「ブワァ~っと」
―結構やっぱりおしりとかも鍛えてる…
「お尻綺麗ですよ(自画自賛) イ、イボが無いでしょだって」
―うんイボないし…
「綺麗なお尻してない?してません?」
―はい。してます(笑)
お尻はねえ~自信あるんですよ
―最高ですよ
「そうですか?」
―でも、そういえばタマは結構大きいかもしんないよね。
「あっそうですか」
―うん…
「これ絶対投げられそうですよこれもうホントもう写しすぎですよーホントに」
―(笑う)いや、いい男はいっぱい撮らないと、
―え初体験とかっていつぐらいだったの?
「16ですかね」
―16?
「はい」
―高校一年生?
「そうですね」
―で、初オナニーは?
「中三です」
―中三。
―じゃあ、オナニー覚えてSEX覚えるのって1年くらいしか経ってないんだ?
「そうですね」
―でも中三って遅いよね結構
遅いですね、ええ(不服)
―リモコンで、好きな場面に
―じゅう…6センチ
―10…センチ
―(笑)ホントはまだあるっていう顔だよね(笑)
「凄い…ときは凄いですね」
―うん…
「はい」
―こう…肛門2,3回力入れてみてくれる?
「ハァーフゥーハッハッハッハ(高音)」
―(笑)
「お尻が…」
―気持ちいい?
―舐められた事無いの?
あ~絶対舐めさせますよそりゃ
―嫌がんない?
ケツ穴は、いや、そりゃ女の子に舐められるのは気持ちええっすよそりゃねえ(至言)
―舐めてあげようか?
「いいです!」
―痛くは無いでしょ?
―痛いの?
「いや~いやいやいやいや…」
―なにそれ(笑)
うお~っほっほ
「これ女の子気持ちいいだろうなぁ」
―男の子も気持ちいよ
う゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛
「Ah yeah、Oh^~、Ah yeah、Oh^~」
「見てくださいよこの汗!」
「これいい絵撮れてますよ 生のこの…水しぶき感覚が、いいじゃないですか」
「ア゛ッ゛、はぁ^~」
「やばいやばいやばいやばい(小声)」
―裂けそう?
「うん…」
―(解読不能)?
―うん?なんかおっきくなってきた
「もういいでしょう?お尻は」
「い~や、もういい…」
―痛い?
「うん…」
―この辺って言うのは感じる?乳首とか
「そうっすね」
―あっ結構感じる方なんだ
「うん」
合気ッ!(絶頂)
「イクッ!」