書き起こし:VG-men Vol.2 ウルフパート

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ナレーター「次は、二年前のビデオデビュー以来、ゲイAV業界を上り詰めた男、ウルフの登場。彼の本音を聞いてみよう」

ーQ、初めてビデオに出演したのは
「一昨年の…一月ですから、スゥーもう丸ニ年になりますね」

ーQ、共演した人に恋したことは
「最初はねぇ、やっぱりあったんですよぉ…でも今はもう、どうってことないですね」

ーQ、一番ハードだった作品は
「一番やっぱり撮影がハードだったのが、SMもので、『目隠しされて』ってやつなんですけど。僕どっちかっていうと、正直言ってぇあのぉ…Sなんですよ。それがM役やったわけですからぁあれはキツかったですね」
「手足を…吊るされて、えー…その状態で浣腸されたって事ですね」

ーQ、仕事をしやすい共演者は
「仕事と割り切ってぇあの、例えばハードなプレイでも、出来る人ですね」

ーQ、今後やりたい仕事は
「もう千人近い人達と、SEXしましたんで、テクニックっていうものは、かなり向上してきてると思うんですよ」
「僕が身に着けたSEXのテクニック、プレイの内容を紹介するっていう、そういうようなビデオを作りたいと思ってるんですけどね」

まあはっきり言ってぇ、俺のプレイは半端じゃないぜ。お前をヒイヒイヨガらせてやるぜ…。来るなら来い…いつでも待ってるぜ。

出張、来館「ウルフ13」は
TEL 03-3900-3982
50分 12、000円から