書き起こし:Vol.93 肉汁裸王

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

―はいこんにちは。
「こんにちは。」
―これから、今からあのー…身長とか体重とか、ちょっと、面接であなたのプロフィール聞きますんで、
「はい」
―答えてください。
「はい」
―まずあの、身長・体重・年齢から
「えー身長が、186cm、」
―はい。
「体重が、175kg、」
―はい。
「えー年齢が、35です」
―35。あのーなにかや、昔やってたんですか?
「えっとー、柔道が、」
―はい。
「えっと、8年ほどやりまして、」
―はい。
「その他にあと相撲を、」
―はい。
「3年ほどやりました」
―3年ほどやりました?
「はい」
―あー…趣味はなんですか?
「えっとー…パソコン…とか、」
―はい。
「そうですね、あとゲームとか」
―オタク系なんですか?
「いや、オタク系でもないですけども、」
―はい。
「インドア派です」
―インドア派ぁ?(笑) 
「はい」
―でもオタク系に見えるけれどねぇアキバ系なんじゃないですか?
「いや違いますけど…」
―違いますか?
「はい」
―休みなんとか何やってるんですか?
「休みとか、ほとんど、パソコンいじってます」
―その体で?
「はい」
―え〜、パソコン驚いちゃうんじゃないですか(意味不明)
「えーそうですねぇ…」
―その体で家にいるんだったら、あれですねぇ、外出てなんかしないと
「そうですねぇ…でもあの、外出ると…」
―お金かかるから?
「いえ、歩くの疲れるんです」
―(笑) 太ってるから?
「はい」
―でも歩かないと痩せないじゃないですか将来
「うーん…」
―だから余計に体がアレになっちゃうんじゃないの?
「そうですね、あんまり痩せたくもないんですけど…」
―うん。
「はい」
―なんで痩せたくないの?
「うーん…痩せるためにはやっぱ疲れるじゃないですか。」
―うん。
「えぇ。疲れると食っちゃ寝って感じなんですけど…」
―うん。
「はい」
―ふ〜ん… えーとk、今日、面接に応募来たのは何見て来た、ました?
「っとー、東京スポーツ」
―東京スポーツ。
「はい」
―えーときっかけは、どうしてですかね?ビデオに出ようと思った
「そう、ですねえあの、一応この、体を活かして、」
―はい。
「はい。一応応募してみました」
―あっそうですか。えっとウチのほう男同士のビデオなんですけども、
「はい」
―男性同士の、あのー…経験っていうのは、経験っていうか、男性経験っていうのは、ありますか?
「えっ?あえっと初めてです」
―初めてですか?
「はい」
―あのー…今今日面接で今初めて男性と、男性のビデオって言われたんですけど、
「はい」
―ショック大きいんじゃないですか?止めようと思ったりなんか、ないですか?
「うーん…一応割り切ろうと思ってます」
―割り切ろうと思ってる。
「はい」
―えーと、男性とじゃああのーもし合格すれば、
「はい」
―男性とあのーキスしたり、
「はい」
―アレあのーヘラチオしたりもう男女と同じような、SEXやるんですけども、
「はい」
―大丈夫ですかね?そこんところちょっと、心意気とかなんか、ちょっと、聞かして貰えます?
「えーっとー…一応割り切って…」
―はい。
「頑張ります」
―相手の男性のオチンコ、舐められますかね?
「えぇ…」
―どうですかねぇ?ちょっと不安な顔してると思うんですけど今なんか、不安な、心が漂っ漂ってますけど大丈夫ですかね?
「はい、頑張ります」
―頑張ります?どんな味すると思います、オチンコって
「うーん…ストロベリーのような…
―ストロベリーのようなぁ?!(嘲笑) そんないいもんじゃないと思いますよ多分、ゴボウみたいな味がすると思いますよ
「はあ…」
―うん…キスはどんな感じだと思いますか?
「えーっと…そうですねぇ…うーん…たぶん…メロンのような…
―メロンのような…さっきはストロベリーで今度はメロン?すごいアレ、太ったわりには、随分ロマンチストですねぇ
「すいません(小声)」
―ふーん…興奮しちゃうんじゃないですか、男性同士でやったら。
「そうですねぇ…」
―どうですかね?
「なんか、クセになっちゃうかもしれないです、もしかしたら」
―んーそれも困っちゃいますね
「ハハィ…」
―ねぇ。じゃあこれからあのとりあえず、
「はい」
―あのー一人エッチていうか、せんずり、オナニーをちょっと、
「はい」
―このービデオの前でちょっと、面接ー合格報告する前に、
「はい」
―ちょっとー、感じやすいか勃ちやすいかちょっと、あのー…それだけちょっとチェックしたいんで。
「はい」
―ちょっとあのーいつも、週に何回くらいですか?せんずりすんの
「えっとー。そうですね。週に…4回ぐらいはしますね」
―4回ぐらい。
「はい」
―なんか見たり、なんか使ったりするんですか?
「えっとー…そうですねあのー…一応、なんかあの、ピンクローターとか使います」
―ピンクローターとか。どうやって使うんですか?
「あの、乳首にあてたり」
―乳首に当てたり。
「はい」
―すごいですねぇ〜興奮します?
「はい、かなり興奮します」
―かなり興奮しちゃいます?
「はい」
―ふーんなるほどねぇ…何、乳首感じんですか?
「えー特に左側の乳首が、モロ、モロに感じます」
―それもちょっと異常ですねぇ〜
「はい(笑)」
―ふーん…じゃあちょっとこれからあの、センズリだけちょっと、
「はい」
―あのーするところはちょっと、撮りますんで、それは我慢してカメラの前でやってみて下さい。
「あっ、分かりました」
―はい。ちょっと待ってくださいね?