甘いマスクの色白青年

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
あまいますくのいろじろせいねん
甘いマスクの色白青年
出典Junction #003,COAT Corporation,1997
甘いマスクの色白青年.png
COAT
性別 男性
関連人物 KMRスタッフ

出演作[編集 | ソースを編集]

COAT[編集 | ソースを編集]

概要[編集 | ソースを編集]

Junction #003に登場したモデル。名前の由来はJunction #003のパッケージから。

Junction #003出演時23歳、KMRスタッフに年齢を尋ねられる際に学生かと聞かれていたが思いのほか年齢が行っていたのか少し驚かれていた。

出演時彼女が存在し、エッチは二、三週間に一度、KMRスタッフからは結構少ないと評され本人も同意していた。

下着はいつもトランクスを着用、ビキニだとかブリーフは穿くのかと聞かれたが穿かないと答え、その理由を尋ねられると

「皮膚にくっちちゃうからと」答えていた。トランクスの着用は中学生辺りかららしい。

体毛は薄いと言われたが、自身で足だけは濃い事を強調した。しかしKMRスタッフはそれでも薄い方だとフォローを入れた。

脇の下の体毛についてもやはり少ないと評されていた。陰毛は中学一年生から生え始めたらしい。

同級生は小学校6年生時点で生え始めている子が存在したらしい、ちなみにこれはトイレで目撃した事だと語っていた。

同級生の中では自分は陰毛が生え始めるのは遅い方だと感じていたらしい。

同級生とモノの大きさも比べた事があるらしく、それもトイレでやっていた為、「結構色々トイレでやっているんだね」と笑いながら指摘されていた。

何人ぐらいの前で比べたのかと尋ねられたが見せてくれた同級生は一人だけで、凄い馬のようなモノであまりの衝撃に目が飛び出そうだと表現していた。そのとき同級生は勃起していたらしい。

これも小学校六年生での出来事であり、その子のモノは今はもっとすごい事になっているんじゃないかなぁと語っていた。

KMRスタッフに自分は今モノの大きさどうかと尋ねられたが、やはり同級生のを見た衝撃から自信がないのか、自分のモノは子供だと表現していた。