逢引氏

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
あいびきし
逢引氏
出典娼婦のように愛されて,Mr.hat,1998
逢引氏.jpg
サムソンビデオ
別名 高橋邦夫
性別 男性
身長 168cm
体重 87kg
生年月日 1951年
活動期間 1992 - 1998
代表作 逢引


出演作[編集 | ソースを編集]

海燕書房[編集 | ソースを編集]

サムソンビデオ[編集 | ソースを編集]

コバルト社[編集 | ソースを編集]

  • 月刊サムソン 1993年4月号(インタビュー)

MANNHOUSE[編集 | ソースを編集]

Mr.hat[編集 | ソースを編集]

概要[編集 | ソースを編集]

男初体験は15か16のときで、高校の同級生の家で遊んでいてその同級生に迫られてから。 好きなタイプは肉付きのよい人、そして性格の穏やかな人。

台詞[編集 | ソースを編集]

逢引[編集 | ソースを編集]

逢引氏「ちょっとタンマ、、、
まいった、、、、痛ってぇ~」

タバコをふかしながら
「痛い、ただ痛い……
参ったよ……
明日歩けるかな……

非常に痛い……

血がだらだら流れている感じがする」

休憩後撮影再開
「痛ってってってってって、、
って、、、、いっっってえええ」
相手役「力を緩めて」
ちょっとタンマ!!!(本気で怒る) いてえよ」

再び挑戦
相手役「入ったよ」
逢引氏「いってえ、突っ込むなよ(絞り出す声)」
相手役「気持ちいい?(全く逢引氏を見ていない)」
逢引氏「いってえなあ」
相手役「どうだい?」
逢引氏「降りたらあかんのやろな……」