金田少年

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
かねだしょうねん
金田少年
出典金田少年の事件簿 占い師の秘密を暴け!,B+B VIDEO,2002
金田少年.png
B+B VIDEO
別名 金田 一(かねだ はじめ)
性別 男性
身長 177cm
体重 63kg
生年月日 1983年頃?
活動期間 2002年
代表作 金田少年の事件簿シリーズ
役柄 探偵
関連人物 恩田朱ASOBUSHUN
備考 チン長:14cm

金田少年(かねだしょうねん)はB+B『金田少年の事件簿シリーズ』の主人公。フルネームは金田 一(かねだ はじめ)。明らかに漫画「金田一少年の事件簿」のパロディ。

出演作[編集 | ソースを編集]

B+B VIDEO[編集 | ソースを編集]

概要[編集 | ソースを編集]

ちょっとおとぼけでドジキャラで、SEXの出来そうな所なら何処でも出没する。

金田少年の事件簿 占い師の秘密を暴け!』では「都内某所にて、むらさき色の妖しい占い師がいる」という調査依頼を受け占い師(?)の恩田朱を調査。全身で見る占いを受け、SEX調査した。

金田少年の事件簿 妖館美少年の願いは何だ!』では「洋館美少年のお願いを調べて下さい。でもお願いは叶えちゃいけないんだって!」と調査依頼を受け洋館美少年のASOBUを調査。お願いの内容は「2発目の精子を口いっぱいに貰うとその体が貰える、だからもっと飲ませて」というものだった。金田少年は2発目を出してしまったものの、量が少なかったので難を逃れたが、足が少し透けてしまった。(しかし何故か金田少年の反応は薄い)。

金田少年の事件簿 マッサージ師の巨根を調べろ!』では「マッサージ師さんの巨根サイズは何センチなのか是非、調べて下さい」と調査依頼を受けマッサージ師のSHUNを調査。マッサージを受けた後SEX調査した。

台詞[編集 | ソースを編集]

金田少年の事件簿 占い師の秘密を暴け![編集 | ソースを編集]

「あれ、ここはどこ?」

「あのー占ってもらえますか?」
「よろしくお願いします」
「いえっ、『かねだ はじめ』です」
「えー、あーっとぉー…健康運、仕事運、恋愛運、あぇ~家内安全、あっ…え~っと金銭運も、お願いします」
「何か言いました?」
「聞こえてるって…(小声)」
「何占いなんですか?」

「ところで、結果はどうでした?」
「そうじゃなくてぇ、占いの結果です」
「マジすか?」
「えっ、じゃあ…いくらになりますか?」
「えぇ~、1万円ですかぁ~?」
「はい、どうぞ~」

「臨時収入?ドバッと?」

金田少年の事件簿 妖館美少年の願いは何だ![編集 | ソースを編集]

「『2は、つめはやめろ』…?」
「つめ?」
「ん?…『かねだ はじめ』です」
「君は、誰?」
「美少年?美少年、って自分で言うか!(笑)」
「あ、じゃあ名前は?」
「『ASOBU』…?僕と遊ぶ?…なんちゃって」
「あっそう。ところで、なんでここにいるの?」
「はっ、そっかわかってんじゃん」
「なに?」
「なんかタカビーだなあ」
「そんなことないそんなことない。美少年2人のエッチ、こんなビデオ売れるぞ~」
「ここ」
「シカトかよぉ…」

「いくら僕でも、2回目はこんなもんだよ…」
「それがお願い?なんで?」
「僕の体かぁ…じゃあ僕の体はどうなんの?」
「そうかやったぁ…てなわけねえだろ!」
「さっさと帰ろ」
「『かねだ はじめ』だって…ん?」

「あ~参った参ったぁ~あーでもエッチよかった」
「えっ、マジでぇ(軽)」

金田少年の事件簿 マッサージ師の巨根を調べろ![編集 | ソースを編集]

「あのーマッサージしてもらいたいんですけども」
「あっ、『かねだ はじめ』です…」
「まだかな-」
「あっ、さっきの」
「あの~…」
「いや、あの…」
「オススメってなんですか?」
「えぇ!?」
「何も言ってないじゃん…」

金田少年の事件簿 金田少年の素顔を覗け![編集 | ソースを編集]

―金田少年を、演じてみて、いかがでしたか?
「はい。撮影1回1回が、とても楽し、かったです」
―オナニーは、週何回しますか?
「週2回です」
―どういうタイプの男性がすきですか?
「かっこよくてぇ、それで…いつも一緒にいてぇ疲れない人が、タイプです」
―最近は、誰かと、エッチしましたか?
「最近はぁ全然…エッチはしてないです」
―ビデオの中で3人の男性とエッチ…しましたけど、どうでした?
「皆それぞれタイプが違うので、それぞれに、よかったです」
―ビデオの中で、エッチするって、どうですか?
「やっぱりスタッフさん達が沢山いるので、やっぱり恥ずかしい、かったですね。はい」
―では、金田くんのビデオをご覧になってくださった皆さんに、一言、お願いします。
「はい、金田一です。僕のビデオ、買って、くださった皆さん、ありがとうございました。楽しんでもらえたでしょうか?楽しんでもらえたら、僕は光栄です」

~NGシーン~
テロップ:スタート。
―金田少年を、演じてみて、いかがでした?
「……?(自分を指差す)」
テロップ:そう!
「どっちを見る…?」
テロップ:カット~!
テロップ:はい。
―では、金田くんのビデオをご覧になった…皆さんに、一言お願いします。
「はい。えー…なんだっけ…wかっ(音声カット)」
テロップ:まず、名前。
「金田一です。今までビデオを買ってき、買って、お金を払、あぁ…これは…(笑)あれ?」
テロップ:テイク2いこう。
―では、金田くんのビデオをご覧になってくださった皆さんに、一言、お願いします。
「はい。金田一です。僕のビデオ買って、見てもらって、ありがとうございました」
「それは…」
テロップ:それじゃ、もう一回いこう。
―一番最初…?
テロップ:うん。
テロップ:テイク3スタート
―では、金田くんのビデオをご覧になってくださった皆さんに、一言、お願いします。
「はい。金田一です。僕のビデオを買って、見てもらっ…た、皆さん。ありがとうございます…」
「僕のビデオを見て、……なんて言えばいいんだろうこういう時ぃ~。エッチな気分って言いたくないな~」
「とても………あっ、お客様の期待に応えましたか?応えてもらったらこれ幸いですみたいな…」
―グフッw
「光栄ですは(音声カット)」
テロップ:うん。
「か楽しんでもらえたら…僕は光栄です」
テロップ:そうだね。
テロップ:テイク4
「ごめんね毎…(音声カット)」
テロップ:質問なしで、答えから。
「あぁ」
テロップ:うん。
テロップ:スタート。
「はい、金田一です。僕のビデオ、買って、くださった皆さん、ありがとうございました」