LOVE EMOTION 青年のままで・・・

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
LOVE EMOTIONラブ・エモーション
青年のままで・・・
LOVE EMOTION.jpg
アトリエIMAGO
商品番号 MHVA-055
発売日 1998年12月
販売価格 13,800円
メディア VHS
収録時間 90分

"夏から秋へ 〜 季節のうつろいとともに ゆれ動く感傷の青年たち…
 通り過ぎてゆく青春はまばたきの季節"

Story: From Summer to Fall
First Half: Summer Memories
Against his better judgement, Ota (21) decides to go for a swim to escape the swealtering heat. Soon, overcome by large waves he starts to sink into the cold water.
Take, the lifegurd on the beach, who has been watching Ota, jumps in and drags him to the shore.
There, in the emergency recovery area on the edge of the beach under the blazing sun, Ota wakes and falls for his saviour.
As there mutual desire becomes evident, they boldly give in to thier hot passion.

Second Half: Autumn Colors
Travelling alone, Hikaru (20) tries his hand at hitch-hiking.
After a while, a car pulls up carrying two men, who have more on thier minds than taking Hikaru where he wants to go.
The two guys quickly grab Hikaru and subject him to untold humiliation.
Finally, the two guys let up, and Hikaru gets away down a dark mountain path. After walking for what seems hours, he sees a distant light belonging to an isolated house.
Knocking on the door, Hikaru is suprized when a handsome stranger opens it and welcomes him inside.
Soon, Hikaru and Yuhei (25), as the stranger is called, grow closer and closer together untill time itself begins to stand still as they are bathed in the warm Autumn sunshine.

PART 1 美青年・SOLO SESSION 編
篠原 雄太(21)
高沢 ヒカル(20)
金子 武 (23)
松村 陽平 (25)

PART 2 夏から秋のストーリー編

第1章|夏の記憶
何もかも開放的にしてくれる夏・・・

熱いビーチで高波にのまれ溺れてしまう雄太(21)、
そして彼を救助するライフセーバーの武(23)
そうして2人は出逢った。
助けた雄太を始めは優しく介護する武であったが…
大胆にも救護室で欲望のままに激しく求め合う2人、
すべては真夏という季節のせいだった…。

第2章|秋の暮色
傷心を癒すのは冷たい秋の風・・・

一人旅に出たヒカル(20)はヒッチハイクで一台の車を停める。
乗り込んだその車の中で激しい屈辱を2人の男から受け…
身も心もボロボロになり山道をさまようヒカルが見つけた別荘の灯り、
そして 開けられたドアの向こうには、優しげな眼差しがあった。
それがヒカルと陽平(25)の出逢い…
傷ついたヒカルを癒すような穏やかな時間が過ぎてゆき、
ごく自然に2人は結ばれた…。
もしかしたら2人は永遠にこのままかもしれない。
ゆるやかな秋の陽ざしにつつまれて…。

登場人物[編集 | ソースを編集]