OGMM

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
おぎまま
OGMM
出典おやじ秘恥変化,サンダービデオ,2012
OGMM.jpg
サンダービデオ
別名 ガンジー、MNJIN 文在寅、鈴木敏夫
身長 165cm
体重 60kg
活動期間 2012年
代表作 おやじ秘恥変化
関連人物 サオ師
備考 兵庫県出身


出演作[編集 | ソースを編集]

サンダービデオ[編集 | ソースを編集]

概要[編集 | ソースを編集]

サンダービデオの「おやじ秘恥変化」に出演した男優。名前の由来は声が尾木ママ(尾木直樹)に似ていることから。外見の方はまったく似ておらず、ガンジーや韓国大統領の文在寅に似てると評されることも。

初体験は19歳で、会社が催した宴会の最中にトイレに引きずり込まれ同僚二人に襲われた。それをきっかけにホモに目覚め、薔薇族で勉強して大阪のハッテン場まで足を伸ばすようになったという。

方言は播州弁であり、兵庫県出身と思われる。

台詞[編集 | ソースを編集]

「うん~~…最初はやっぱり痛かったですけど、だんだんと…気持ちよくなってきて…今では『入れてほしいな』って思うようになりました。」
「いやぁ~…まだ大きいのはないですけれども。」
「はい、そうですね。はい、入れられてる時は大きくなります。」
「いや、その経験はない…ですけど一回だけトコロテンしたことあるかなぁ。」
「はい、イッちゃったことが…一回だけあるかもしれません。」
「あっ、ウケやってる時は相手の方が、気持ちよくなってくれれば…満足です(人間の鑑)」
コブラ三木谷「あれ?初体験は?いつ頃?」
「初体験ね19歳の時に襲われて…。」
――「オフッ、どこで?」
「えっと、会社…の同僚に襲われて、初めてフェラさせられて…。」
「で、ちょっと宴会があったんですけど。旅館で宴会があって。で、その…場に、トイレに引きずりこまれてフェラさせられてバックも掘られて…ということでした。」
「で、明くる日滅茶苦茶痛くって『えぇ…?』って思ってたんですけど丁度そのころ…あの、『薔薇族』っていう本があったと思うんですけど、その本でちょっと勉強して、で、大阪のほうに何回か遊びに行きました、はい。」
――「結構大きかったですか?相手は。」
「そうですね…。体はもうガッシリ2人ともしてましたから。」
――「あ、2人にやられちゃったの?」
「はい、僕は一番身体が小さかっておもちゃにしやすかったんだと思うんです。」
――「その後は?会社の人とは…何回か?」
「そうですね…。時々、ですけどね。」
※行為開始
「うれしい…うれしい…」
※ニチニチ…(クッソ汚い音)
※事後
「どうも、ありがとうございましたぁ。」
――「お疲れ。」
「あっ、最初はもう緊張しまくってもう、身体ガチガチだったんですけど……すごい、あの、リードしてくれたって気持ちよかったです。」
「そうですね、最初…す、すごいデカマラやったから(小声)フフッ。」
「満足できました。ありがとうございましたぁ。」
「あっ、気持ちよかったです。『あぁウレシイ~』…って感じでした。」
「ありがとうございました~。」
※OGMMの着替えシーンが入る
「気持ちよかったです~。ま、また、次があることを願ってます~。」
「あの…一回だけあの…ムチで打たれて蝋燭垂らされて…したことがありますけど。」
「それが…それが…ムチ、バラムチっていうんですか?色んなバラムチがあるらしくてあれなんですけど。」
「身体中打たれて、耐えてたんですよ。そしたらだんだん気持ちよくなってきたんですけど。」
(カット)
――「今日はお疲れ様でした。」
「ありがとうございましたぁ。」
――「また機会があったらよろしく。」
「よろしくお願いします~。」