ONDISK

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
おのだいすけ、オンディスク
ONDISK
出典絶対服従! 体罰指導! 働く男の尻叩き, SPANK JAPAN, 2009
HQ ONDISK.png
SPANK JAPAN
別名 氷崎健人、村上
身長 170cm
体重 60kg
職業 ロシアの大学講師→AV男優、バーチャルYouTuber
活動期間 2008 - 2020 (AV男優)
2020 - 2021(YouTuber)
代表作 絶対服従! 体罰指導! 働く男の尻叩き
役柄 サラリーマン、裁判所書記官、教師、学生、浪人生、探検家、剣道家、マッサージ師、セールスマン、パソコン修理業者、童貞、面接官、英会話教師、茶道師範、医者、インタビュアー、社長、司会者、板前、カメラマン、教育実習生、家庭教師、 等
関連人物 GTさん桃尻京介
閉廷おじさん
Webサイト 氷崎健人 - Wikipedia
Twitter @kento_hisaki
YouTubeチャンネル

スパンキング専門レーベルSPANK JAPANの作品『絶対服従! 体罰指導! 働く男の尻叩き』第3章に登場した男優。アニメキャラのような特徴的なねっとりボイスが声優の小野大輔に似ているとしてONDISKと呼ばれる。

出演作[編集 | ソースを編集]

長スギィ!展開して読んで、どうぞ!(迫真)

SPANK JAPAN

他メーカー(ノンケAV)

  • ご注文はこの娘ですか?(TMA)
  • 中年男の夢を叶えるセックス やりたい放題!5(ながえSTYLE)
  • お願い…私のうんち食べないで(ラハイナ東海)
  • 汗っかきな人妻 ~フィットネス~(ラハイナ東海)
  • 昔からのファンに感謝!AV復帰童貞狩り!(カリビアンコム)
  • 女優魂 ~ガチ仕掛けに半ギレ魔性の女~(カリビアンコム)
  • 寝る前にヌいてあげるね(カリビアンコム)
  • タイムファックバンディット 時間よ止まれ 女性専用車両編(カリビアンコム)
  • パイパン1日レンタル コールガールは性欲満々アミラフ(カリビアンコム)
  • 弱ぃ女(FAプロ)
  • あやまちの膣内発射-義父と嫁(FAプロ)
  • 女子校生M男遊び 4 朝倉ことみ(ジャネス)
  • 中年男の欲望に応える・・ あ~あ・・悲しいかな…都合のいい女(サイドビー)
  • 業界残酷物語 芸能人 藤本リーナ(アタッカーズ)
  • 母乳義母 結城みさ(SA)
  • 竹野 由里 22歳(エッチな4610)
  • コスプレ女子を犯してイカせ続けた性交マッサージ(ピーターズ)
  • レッドホットジャム Vol.335 先生とHな関係 : 安達まどか (レッドホットコレクション)
  • 大人しそうでNoと言えなそうな娘を思いっきりガンガンに口説いてAVに出させてみました(ムラムラってくる素人)
  • 【無/個】同窓会後のまさかの連れ込み!?ずっ友だった二人の禁断の愛!!(下心俊介)

他多数

概要[編集 | ソースを編集]

芸名は氷崎健人。現在32歳神奈川県在住。主にノンケものに出てるがニューハーフとも絡んでいる細マッチョの人気男優。盗撮系・近親系など数多くのAVに出演している。お前ノンケかよぉ!?(驚愕)また無修正作品にも出演が確認されている。

絶対服従! 体罰指導! 働く男の尻叩きでは会社の先輩である後藤の架空取引の秘密を握り、脅迫。そしてスパンキングに及ぶ。

終身名誉処女、有名AV女優のTBM姉貴との競演では高い演技力で格の違いを見せつけ、IGCYK似との絡みでは女性に不慣れな男性を好演。英語の発声も巧み(ネイティブ)であり、演技の引き出しの多さで淫夢民の関心を寄せ続けている。

ロシアの大学で講師を務めた経験があるらしく、ロシア語にも堪能。そのためかロシア人ポルノ女優 ジーナ・ガーソン(Gina Gerson)姉貴との共演作品が存在する。ジーナ姉貴と共演した作品の一つに『タイムファックバンディット 時間よ止まれ ~ヨーロッパ編~』という時間停止モノがあり閉廷おじさんを彷彿とさせるが、あちらと違って(ノンケの)抜きどころたっぷりで閉廷おじさんのような哀愁は微塵も感じさせない。

ブログもよ~く見とけよ?ちなみに最近ブログのコメントの返事で自身が「ONDISK」と呼ばれている件に関しては「特に何も思っていない。」とコメントしている。またニコ動などで出演作がネタにされていることも認知している模様。その後月日が流れ2015年1月29日ササヅカチャンネルというチャンネルにてニコ生に降臨。生放送内は案の定ホモだらけでおおよそ7000人も集まった。ちなみにこのチャンネルは普段は80人ぐらい、有名な女優がゲストに来ても300人程度の為、20倍以上もあるこの事態番組内でも驚かれていた。

2020年9月11日、バーチャルYouTuber事務所の『Acclaim』設立とともに、VTuberとしてデビューする事が発表された。

2020年9月20日に初配信。その初配信にて、『働く男の尻叩き』の出演動機を明かした。まだONDISKがAV男優を始めたばかりだった頃にお世話になっていたAVメーカーの監督から電話があり、少し前にアメリカから発注があったスパンキング専門の体罰物のゲイビデオを作り、それが中々の数字を得た事から監督から誘われて出演に至ったという。撮影時には大まかなストーリーは言われたもののシナリオがなく、監督からも「氷崎くんの自由していいよ」という指示があったので台詞は全てアドリブでやったという。

2021年2月11日、健康上の問題によりバーチャルYouTuber活動を引退し、療養に専念することを発表。

台詞[編集 | ソースを編集]

絶対服従! 体罰指導! 働く男の尻叩き PART3[編集 | ソースを編集]

ONDISK&つぼみ 男子高校生の日常編(正式タイトル不明)[編集 | ソースを編集]

「ぜってーだよぜってーだよ、なあ、バン!(拍子木)
なあ行こうぜ行こうイコイコイコ、フワハッ ハッ(狂気)行こうぜオーイ!アッハッハッハッハッハ~(美声)」


【ブラック企業】 養護教諭に差した白い影(正式タイトル不明)[編集 | ソースを編集]

YUKAOIの右「多くは語らない(風姿花伝)みたいな~」


中年男の夢を叶えるセックス やりたい放題! 5[編集 | ソースを編集]

「では、私の方から少しだけ質問があります。」
「ギャンブルをやっていたとのことだが、宝くじ、パチンコの他にはやっていたのか?」
「かなり頻繁にパチンコには行っていたのか?」
「平成15年の7月頃には盗みを行っていたのか?」
「盗みに入る家の基準は何か?」
「盗みに要する時間は?」
「盗むのは、どういう状態にあるときか?」
「7日の事件では…パチンコに行くほど借金が…」
「空き巣に入る段階で逃げようとは考えないのか?」
「人がいるとは思わなかったのか?」
「どうして被害者を脅してお金を取ろうと思ったのか?」
「隠れて出てきた時点から殺そうと思っていたのか?」
「7日の被害者は顔をめがけて刺していた。」
「7日の事件で被害者を殺してどうするかという気持ちはあったのか?」
「…を盗んでいるが盗みはしていたのか?」
「17日に…人が帰ってくるとは…」
「アパートの廊下を歩く足跡が…」
「風呂場に隠れていたのは脅してお金を取るためか?」
「17日の事件で「静かにしろ、騒ぐな!」と言って一時間ぐらい押さえつけていたが、」
「押さえつけていたとき何をしたのか?」
「一時間もあれば他にできることもあったのではないか!?」
「その「どうしよう」といった状況の中で被害者を殺すことを考えていたのか!?」
「財布の中にお金が入っていたことは知っていたのか?」
「首を絞めたら確実に殺せると思ったのか?」
「被害者や遺族以外で誰に一番申し訳ないと思っているのか?」

(「…」の部分は閉廷おじさんの声で聞き取れず)


お願い…私のうんち食べないで[編集 | ソースを編集]

「ここかぁ…ここが里か…!」
「幻の、ブドウ!」
「幻のグレープだ!どこだ?探すぞぉ」
「ブドウだぁ」
「どこだここ?誰かー!?」
「迷っちゃったのかなぁ?誰かー!?誰かいない!?」
「迷っちゃったぁ…」
「腹減ったなぁ」
「食ってねえよなぁ…あっちかなぁ?」
「ん!?」
「なんだよ人工物か。人が作ったもんか?」
「人が作っ…(倒れる)」
「ん?」
「人!?」
「こ、ここどこ?」
「人だ…」
「どこですかここ?」
「キャンプ場!?ハァ…!帰ってこれたんだ…生きて帰ってこれた!」
「あぁ外だ!本当だぁ!」
「あぁ…本当だよ!」
帰ってこれたよ~ア~ッハッハッハッハッハ!帰ってこれた~ハッハッハッハッハ!
「生きてる~!帰ってこれたよッハッハッハ生きてる!ハッハッハ!生きてるよー!」
「ホッ!?あ、あの、あなたが、助けてくれた、人?」
「ありが、ありがとう!」
「あ~助かった!本当にありがとう!」
「僕、どこに倒れてました?」
「トイレ!?」
「あ~、トイレか…」
「僕ですか?大丈夫です。」
「なんとか、生きて」
「ん?どうされました?」
「あれですか?キリキリ、とかですか?痛いですか?」
「痛い?ほ~、どうしたんでしょうかね?」
「あっ、やっぱ外に出たほうがいいと思いますね一回ちょっと狭いんで、えぇ」
「あっ、出たほうがいいと思いますよ、はい」
「あっ、大丈夫ですか?どうぞどうぞ」
「さっき助けてもらったんで、うん、今度は、何か僕、手伝えることがあれば…」
「あっ、ちょっとしゃがんだ方がいいかもしれないですよ?」
「どうしたどうしました?」
「はい!どうされました?」
「お腹ですか?」
「ちょっちょっと」
「お腹?」
「どうしたら…」
「う、動けませんか?」
「ちょっと、さすりますねちょっと」
「ちょっと、キリキリ痛みますか?」
「痛い?ほ~、どうした?」
「さっきは助けてもらったんで今度は助けたいんですけれど…お腹ですか。」
「この辺ですか?」
「ここ?」
「ちょっとなんですか?」
「ここがあれですよ?腸、腸ですよ?お腹というよりも、大腸ですね」
「ちょっと待ってくださいね」
「直結してます、ちょっとごめんなさいね失礼致します。」
「やっぱり盛り上がってますね微妙に」
「やはり、ん?(臭いをかぐ)」
「ん?ちょっと待ってください?」
「いえいえ」
「いやちょっと待ってくださいこれもしかして…もしかするかもしれませんよ
「あなた、ワインお好きじゃないですか?」
「そうです。あなた、ワイン好きでしょ?」
「そうですよ」
「いや…」
「もう出ないですか?」
「いいんですよ遠慮なさらなくても、全部出していただけると…」
「もうちょっとさすりさすりしましょうか?ここですよね?」
「いえ大丈夫ですよ」
「ブリッとほら、あぁ~」
「(臭いをかぐ)うん、いい匂いだ~」
「非常に、good smellですね」
「色もいいなぁ」
「ちょっと、拝見してよろしいですか?」
「いやいや、見ないと分かりませんからねやはり」
「よろしいですよね?」
「ちょっと、うん」
「色も良さそうだなぁ」
「いや!もしかしたら!?もしかするかもしれませんねこれは…!はい」
「これは、やっぱりもしかしますね…ちょっと待ってください」
「いいですか?」
「いや間違いない!?」
「色といい、伸ばしますよ?」
「ほら!このシミ具合!」
「ちょうどこの匂いといい、うん」
「これは間違いない!」
「ちょっと拝見しますよ?ゆっくりやりますね?」
「ゆっくり下ろしますよ…」
「ウ~ウゥ~?」
「量も多めですね」
「ほーら、ハエたちが寄ってきた」
「ほ~ら」
「ちょうど溜まっていますよ…動かないで動かないで!」
「動くと台無しになってしまいますからね?」
「何って…僕の、ライフですよ!」
「人生そのものですよ!」
「いや~間違いない!」
「見てこのハエたち!」
「あんまり動かないで!」
「ほら、お尻にも、後おまんこにも!」
「ん~?」
「色は間違いない!」
「この色、間違いない!」
「これは…!」
「アァ~」
「ちょっとあなた!どこに行くの?」
「こっちへ来て!」
「ちょっと!危ない!」
「よく見てください」
「わたくしこう見えてねぇ、わたくしソムリエなんですよ!」
「ただし、クソムリエも兼ねてるんです!
「これですよ!これです!ここに来たわけです!」
「幻のブドウを求めていたんです!」
「ブドウですブドウ!グレープです!」
「やっぱり、幻のブドウは、堆肥だったんですね…!」
「これですよ!間違いない!」
「ねぇ見て!」
「あなたのですよ!」
「匂いをちょっと嗅いでください!」
「この酸味…!」
「よく見て!」
「ほら~」
「これぞ幻のブドウだ!間違いない僕が探していた!」
「クソムリエとして、これは光栄なことですよ!」
「この酸味!見てこのハエ!」
「あなたは、僕に成功を与えてくれた!」
「これぞ僕が探していた、幻のブドウだ…!」
「このハエの音聞こえます?」
「アッアッアッアァーーーー↑!!」
「あぁ~あっけん!」
「まぼろひのぶどうだ~!」
「アァーー↑」
「ホラ↑!」
「待てよ~おい!」
「見つかったよ!幻の!グレープだよ!」
「おーい!」


弱ぃ女[編集 | ソースを編集]

「インテグラル5プラス4…」
「二乗かな?イコール、エックス二乗プラス56××××(解読不能)・・・」
「さらに積をする三乗プラス4…」
ちょっと待てやぁ!!!
「そこ閉めろよ!」
「構うもんか!あぁん?」
「大体なぁ、親父がバカだから三浪したんだよ!」
「うるせーよ!!お前継母だろ?」
「お前継母だろ?」
オォ?オォ?ウゥ!ウゥアァーーーーーー↑↑!!!
「なんだよそれは!けんちゃんけんちゃんって何だよ!いつまでちゃん付けすんだよあんちゃーん!?」
「血のつながり意識してんのあんただろ?ん?あんただろぉ↑!?」
「ウアー!」
「ん?」
「俺悪くねぇよ?」
「俺悪くねぇからなぁ?」
「お?」
「なんだよ…継母さ…」
「何震えてんだよ」
「何震えてんだよ?」
「ん?何がダメ?親父か?」
関係ねぇんだよそんなの!
「脱げよぉ!」
「残ってるよ」
「横寝ろよ」
「声出すと親父に気づかれちゃうからな?」
「分かってるよ、風呂でも行ってくるよ」
「さぁ来い!」
「次は打ってやる!」
「次は打つぞー!」
「もう一回!」
「もう一丁!」