中山幸一

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
移動先: 案内検索
なかやまこういち
中山幸一
出典猥褻男子寮24時,Acceed,2013
妖精さんだぞー.jpg
Acceed
身長 172cm
体重 60kg
血液型 B型
役柄 寮夫、少年院所長、執事長、保険医等
関連人物 つとむこういちゆうさく爆弾岩くん
Webサイト ブログ→http://ko-iti.com/

出演作[編集]

概要[編集]

『猥褻少年院24時』の少年院の所長、『猥褻執事24時』の執事長を演じた男優。妖艶なバリトンボイスから繰り出されるねっとりした演技が特徴。『Dance Dance Erolution』シリーズでは司会者として出演する傍ら、振付も担当。

ちなみに彼もたるとと同様、ブログを開設していることが発覚している(ttp://ko-iti.com/)。副業としてJ-BOYSというストリップ集団に所属していることもブログから分かる。彼の雄姿を目の前で拝める可能性が存在している・・・?

また、Twitterもやっているようだ(自身はツイートせず自分や仲間の出演情報などをリツイートすることが多い)。申し訳ないが凸はNG。

台詞[編集]

猥褻少年院24時[編集]

「本院ではね・・・歯向かう奴には、徹・底・的な制裁を加えるんだよ」
「私は24年間、新人のペニスを見てきたが・・・君のペニスが一番!素敵だよ・・・」
「そろそろ、俺の息子をおめぇのケツに!入所させるからな?」
「おぉ~いっぱい出したねぇ~・・・いやぁ、私の顔が精液まみれだよ~」

猥褻執事24時[編集]

「えーっと・・・ここまでの説明で、何か、分からない事は、あるかな?」
「そうか。宜しい」
「はい、じゃあここが、キッチン」
「えーっと、じゃあ、次行こうか」
「それで、ここが、今日から君達が、寝起きする、執事達の部屋じゃ。じゃあ入ろうか」
「端から・・・りく、かいと・・・とおる・・・けん。ゆう・・・けい・・・こういちだ」
「皆一通りの仕事は出来るから、分からない事があったら、すぐに訊く様に」
「こういち君は居るかね?」
「ああ・・・こういち君。君は、先程、ご主人様の前で、粗相をしてしまった様だね・・・」
「執事としての自覚が、足りないんじゃないかな?うん・・・分かった。私が一から、教えてあげるしかない様だね・・・」
「こういち君。執事たる者、何があっても、まずはご主人様の身の上を考えなければならないというのは、分かっているよね?」
「君はその、重大な使命を果たせなかった。そうだよね?」
「では、君が二度と同じ間違いを繰り返さない様に、これから、私をご主人様に見立てて、お茶を運んでもらおうか」
「じゃあ、そこのお茶を運んでもらおうか」
「あ。ちょっと待った。君が、普通に運んでもまた落としてしまうかもしれないからなぁ。そうだ。これを入れて、運んで下さい」
「そうだよ」
「さぁ!ぐずぐずしてないで早くズボンを脱ぎなさい!ほら!」
「何を勝手にハリガタを落としている!」
「筋肉の力が緩いから落っこちてしまうんだ。もっとしっかりと締め付けて!やり直しだ!」
「よし、それでは私をご主人様だと思って靴を綺麗に舐めなさい(ゲス顔)」
「ほら」
「よーしもういいぞ 、綺麗になったようだな」
「じゃあ次は私の服を脱がせて私の体を綺麗にしなさい」
「私をご主人様だと思えと言ったろ!はいご主人様と言うんだ!」
「よろしい」
「申し訳ございません!!私…これには深いわけが!!」
「申し訳ございません!申し訳ございません!!」

猥褻男子寮24時[編集]

「おぅおはよう!田中君はいつも一番だねぇ。流石2年間首席を守っただけのことはある。うん」
「じゃあね、頑張っていってらっしゃい」
「君はいつも朝から食欲旺盛だねぇ。いってらっしゃい!」
「いやぁ~でもあの仁村君の美味しそうな体…ジュルルッ(舌なめずり)おおっ美味そう!あぁ^~」
「君はいつも元気ないねぇ」
「まぁそんなゲンナリすんな。3号室の加藤君なんてもう4年も留年してるからさ」
「あっ、そうかぁ妖精さんが最近訪れてないかぁ…」
「あっそうだ。午後からの日って次はいつかな?」
「明日?あっ、じゃあ明日ぐらい妖精さんが来るかもしれないねぇ~」
「おっ、いってらっしゃい!」
「ガチガチじゃねぇか…お前、この場で出しちまうか?」
「お前たちを快適にするのが俺の仕事だからよ」
「出せよ、えぇ、パンパンの金玉から濃厚なザーメン出しちまえよ!」
「1年の斉藤か?」
「お仕事ねぇ…お前らが快適に暮らせるためならなんなりと」
「こんなに汚しちゃって…えぇ」
「曇ってきちまったな。よし電気つけるか」
「ん?あぁ~(舌なめずり)じゃぁお仕事はじめますかね ヘッヘッヘッ…」
「おぉ…これ朝勃ちの立派なチンポじゃねぇか」
「おっ、お目覚めか?」
「ん?朝のお仕事だよ~」
「あんたなぁ、あんないい先輩もって幸せだよ。こんな下の世話まで心配してくれて…なかなかあんな先輩いないね」
「妖精さんだぞっ!」
「斉藤君のパンッパンの金玉からザーメンぜ~んぶ絞り出してあ・げ・るっ!」
「まぁまぁまぁ、落ち着いて落ち着いて」
「座ろうか!なっ、座ろ座ろ ねっ、座りましょう」
「リラックス×3 ねっ 落ち着こう!なっ」
「そうだな、目つぶってみるか?」
「目!目つぶってみて、目をつぶってみる!」
「うん、ほら、みかちゃんのほら、みかちゃんとか言ってたよな?」
「みかちゃんとか言ってた娘のことを思い出す!」
「ほらだんだん思い出してきた!ほらほらだんだん思い出してきたぞ~」

ACCEED 5周年記念 オールスター感謝祭[編集]

「ACCEEDユーザーの皆様!本日はお越し頂きまことにありがとうございます。」
「ACCEEDは2011年2月15日を持ちまして、なんと!5周年を迎えます。」
「今ではACCEEDの看板タイトルとなりました、Smash!! VOL.1から始まり、2009年11月発売の作品でもう100作品!リリースとなります!」
「これもひとえにユーザーの皆様方の、おかげでございます。」
「今後も、皆様にご満足頂けるような作品を作り続けてまいりますので、末永くご利用をお願い申し上げます。」
「それでは皆!準備はいいかなー!」
「はい!準備が整ったようでございます。」
「それでは皆様、お待たせいたしました!ACCEEDモデルの入場です!」
「えー、皆ちょっと先生の話を聞いてくれないかな?」
「今日はね、お前らのね、時間止めてみようと思うんだよ」
「そうだよな。なぁ。でもな、馬鹿だと思うだろ?これで止めるんだよ!」
「じゃあ試してみるか?」
「じゃあお前ら何されても、文句言うなよ?」
「じゃあ行くぞ~?ストップ!」
「だから言ったろ?ふふん」
「それじゃあ、一回、解除してみるかな。解除!」
「大成功です!」

ACCEEDオールスター感謝祭2012[編集]

「みなさまこんにちはー!」
「は~い 司会の中山幸一です。昨年の感謝祭から早いものでもう1年経ちました。」
「ここまで来れたのもひとえにユーザーの皆様方のおかげと感謝、感謝でございます。」
「今年もこの感謝をこめてお送りいたします」
「それではモデルさんたちの入場です。どうぞ!!」
淫夢缶バッジ 現代アート先輩