剛竜馬

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
移動先: 案内検索
ごうりゅうま
剛竜馬
出典侍、一本, MEC SYMBOL, 2001
剛竜馬.jpg
↑この辺が硬変して逝去
MEC
本名 八木 宏(やぎ ひろし)
別名 極太親父、TATSU
身長 185cm
体重 108kg
生年月日 1956年3月23日
日本国 東京都新宿区
没年月日 2009年10月18日(満53歳没)
職業 プロレスラー
代表作 侍、一本

剛竜馬(ごうりゅうま、八木 宏、1956年3月23日 - 2009年10月18日)は、日本のプロレスラー。

出演作[編集]

MEC COMPANY[編集]

  • 侍、一本

サムソンビデオ[編集]

  • 野郎四人衆

COAT[編集]

RISE[編集]

  • BUMPER vol.5 格闘家~燃える肉弾

NO BRAND[編集]

  • 極太親父

Mr.Hat(マンハウス)[編集]

G-Project[編集]

  • VG-men Vol.27

男銃[編集]

  • 髭男強制ディルド挿入&格闘家オナニー(侍、一本の無修正版)

概要[編集]

「プロレスバカ」の異名を持つ東京都新宿区生まれ・兵庫県神戸市出身のプロレスラー。国際プロレスでデビューし、新日本プロレス、UWF、全日本プロレス時代は容姿の整った格闘派レスラーとして絶頂期であったが、その後自ら設立したパイオニア戦志やオリエンタルプロレスでの失敗で凋落した。

特にパイオニア戦志は資金不足からレスラーが集まらず、旗揚げ戦では選手がリング上で腕立てやスクワットをする・お客さんをリングに上げてレスラーと腕相撲させるなど常軌を逸した剛ワールドを展開した。当時UWFが地味な格闘派プロレスを「公開スパーリング」と揶揄されていたのに対し、剛は「公開トレーニング」とさらにボロクソに言われていた。

その後は低調ながらも地道に活動するが、かつてライバルと呼んだ藤波辰爾から見放されたり、自身の借金苦や体調不良など不遇の時代が続く。2003年にひったくりで逮捕された際、東スポにより上記のホモビに出演していた事が報じられ、本人も「自分の体で稼ぐことの何が悪いのか」と時と場合さえ間違えなければ名言といえる言葉をもって出演を認めた。

ちなみに、この動画によると週刊新潮が彼の掛け声「ショア!」はヘブライ語で「絶滅」であるという風説を流したことがあるらしく、剛竜馬本人は少し頭を抱えたという。剛竜馬は唯一神GOに反旗を翻そうとしていた…!?

ニコ動では出演作の動画が2008年には既に上げられており、2012年頃より淫夢民に注目されるようになる。ちなみに、本編動画の1:37より流れるスタイリッシュなBGM「Make Up City」は「突然の転調」と呼ばれており、このBGMはホモにも人気のあるAV女優・つぼみ姉貴の出演作にも使用されている。この「Make Up City」はフリー音源であり、音・辞典シリーズ VOL.7に収録されている。後にこの本編の撮影をゲイライターのサムソン高橋氏が手がけていたことが明らかになった[1]。氏曰く、剛竜馬はギャラ目当てでの出演だったため撮影は全く楽しくないものだったという[2]

1995年には「はたらくくるま」など不謹慎ソングで有名なロックバンド・猛毒のライブにゲスト出演し、バンドの演奏に合わせて「ショア!」と叫ぶという謎のパフォーマンスが局地的に大ウケしていた。このライブは録音されており、猛毒のベストアルバム「キャメルクラッチ」に収録されている(現在は廃盤)。ちなみにこのとき、観客がバナナを投げ込み(意味深)、それを拾った剛が「バナナショア!」と叫んだという(意味深)。

2009年に交通事故の影響による敗血症で逝去。なお、当時剛は肝臓を患っており、肝硬変で亡くなったと思い込んでいる人も多く、本編の転調シーンで「↑この辺が硬変して逝去」と書き込まれるのがお約そkテーレッテッテー♪(録画失敗)

台詞[編集]

「ショアッ!」
「エイシャア・・・」

淫夢缶バッジ 現代アート先輩