ゆうさくの後輩

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゆうさくのこうはい
ゆうさくの後輩
出典IKUZE11,Acceed,2012
ゆうさくの後輩.jpg
Acceed
別名 土方君、NKI、HIRO、安藤太一
身長 175cm
体重 63kg
生年月日 1990年8月29日
活動期間 2008 - 2013
代表作 IKUZE11
役柄 土木作業員
関連人物 ゆうさくゆうさくの後輩の後輩野獣弟
JM


出演作[編集 | ソースを編集]

COAT[編集 | ソースを編集]

  • FINE39 NIGHT PRINCE
  • DEEP THROAT5 クチマン奴隷
  • Fine42 be my LOVER
  • Fine45 Rough Diamond
  • フェラ三昧 17
  • SHOOT Vol.5
  • ANOTHER VERSION section.47 BOY'S LIBIDO 抑えきれない性衝動↑↑↑

Acceed[編集 | ソースを編集]

SILK LABO[編集 | ソースを編集]

  • sorry sorry - 安藤太一 -
  • シークレット ロマンス
  • fortissimo - 安藤太一 -
  • you naughty - 安藤太一 -
  • Face to Face
  • Bad delusion - 安藤太一 -
  • Face to Face 2nd season
  • No Regret
  • Good Bye - 安藤太一 -

概要[編集 | ソースを編集]

『IKUZE11』の現場作業員編に登場した男優。役名は不明。一部ファンからは土方君と呼ばれている。また、S○APの中居に似ていることからNKIとも呼ばれている。

新米の土木作業員で、半年経っても仕事の基礎の基礎も出来ず日頃から先輩であるゆうさくに嫌味を言われ続けている。 毎日の嫌味からかゆうさくを恨んでおり(心中では糞野郎呼ばわり)、現場で昼寝をするゆうさくの局部をスマホで撮影し、それをダシに私刑を行った。 一転攻勢後の拡声器やドライバーを使ったプレイや迫真の演技は見物である。

また、ホモビ購入者兄貴のサイトの情報によるとCOAT社のビデオにも出演しており、詳細は不明だったが2017年12月ごろに「SHOOT Vol.5」というビデオだったことが判明した。

台詞[編集 | ソースを編集]

IKUZE11[編集 | ソースを編集]

「気持ちよく寝てられるのも今のうちだずぇ」
「なんだこいつ…すげー勃ってるぜ」
「こいついっちょまえに感じてやがるずぇ!」
「うるせぇよ!毎日毎日嫌味ばっか言いやがってよ!」
「お前もいい加減、素直になれよ!」
「おうぶっ壊してやるよ!」
「あ゛あ゛ぁ゛^゛~゛すっげぇよかったずぇ!」
「言う事聞かねぇと、この写メほかの奴らにばら撒くぜ?」

School Boys 5[編集 | ソースを編集]

ふみと&ゆうさくの後輩「School Boys 5!(ハーモニー)」

ふみと「先輩…」
ゆうさくの後輩「おっ、ふみと。お前風邪ひいたんだって!?」
ふみと「そうなんですよ、ちょっと熱っぽくて」
ゆうさくの後輩「うーん…お前ちょっと熱あるなぁ!今日は帰ってゆっくり休みな!俺部活行くからさ」
ふみと「はい。すいません」
ゆうさくの後輩「うん。じゃあまたな」
~練習後~
ふみと「先輩!お疲れ様です」
ゆうさくの後輩「お前ふみと、帰ったんじゃないの!?」
ふみと「練習終わりまで待ってました。先輩と帰りたくて」
ゆうさくの後輩「ダメだろ体調悪いのに~」
ふみと「たいしたことないから…大丈夫ですよ」
(崩れ落ちそうになるふみとを受け止めるゆうさくの後輩)
ゆうさくの後輩「ホラ言わんこっちゃない!今着替えてきて、送るからさ、ちょっと待ってなよ。なっ!」
(体育倉庫から出ようとするゆうさくの後輩を抱きしめるふみと)
ゆうさくの後輩「ふみと?」
ふみと「俺、先輩の事ずっと好きでした」
(マスクを外し、ほっぺにキスをするゆうさくの後輩)
ゆうさくの後輩「俺もお前が入部した時から…ずっと気になってたんだ」
ふみと「先輩…」

ゆうさくの後輩「なんだお前まだいたの?」
テロップ「うん、これから帰るトコ」
ゆうさくの後輩「ふーん…そっか!俺も部活終わったし一緒に帰んない?」
テロップ「うん、いいよ!」
ゆうさくの後輩「うん」
ゆうさくの後輩「そうだお前ちょっと、こっち来いよ」
テロップ「な、なんだよ・・・?」
(カーテン裏に隠れる2人)
テロップ「こんなトコで何すんだよ?」
(キス)
ゆうさくの後輩「ごめん…急に、チューしたくなっちゃってさ…」
テロップ「な、なんで…?」
ゆうさくの後輩「俺ずっとお前の事好きだったんだ!これから毎日、一緒に帰ってくんない?」