欲情時雨

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
欲情時雨
欲情時雨.jpg
本編より
豊漫ビデオ
商品番号 H-062
発売日 1988年
販売価格 10,000円
メディア VHS
収録時間 30分

豊漫ビデオNo.6

「雨の日は十年に一度の恋人に会えるっていうけど……」そんな思いで降りしきる雨を見ていたハゲ親父は、雨の中男を求めて出かける。すると公園で一人のチビデブ親父と出会ったではないか。すぐさまチビデブ親父を家に連れ込みズボンを外すと、そこには立派なマラがそそり勃っていて、さらにハゲ親父を喜ばせる。デカマラをこころゆくまで口で味わった後は、やっぱり後ろの口で存分に味わいたい。それをおねだりするとチビデブ親父は待ってましたとばかりにハゲ親父を犯し始める。仰向け、俯せ、騎乗位と様々な体位で二人はいつまでも快楽を貪るのだった。やはり雨の伝説は本当だったのかもしれない……。(ご注意とお詫び:この作品はマスターテープ劣化のため、ところどころ映像・音声に乱れが生じます。またボカシの方式も当時のものです。ご了承の上ダウンロードしてくださるようお詫びとお願 いを申し上げます)

出典:サムソンビデオ公式サイト - 豊漫クラシック「欲情時雨」 https://www.samsonvideo.tv/dl_detail.php?code=H-062

登場人物[編集 | ソースを編集]

補足[編集 | ソースを編集]

最初に流れているテクノ調のBGMはJean Michel Jarre作曲『Arpeggiator』であり、これ以外にもJean Michel JarreのBGMが流れ続けている。豊漫ビデオの初期作品に共通するが劇中にセリフはほとんどない。しかし本作には映像に重ねて「わぁ!おっきぃ!ほりだしもんだヮ!」というフキダシが表示される演出がある。