MUR

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
移動先: 案内検索
みうら
MUR
出典誘惑のラビリンス,COAT corporation,1999
MUR.jpg
KMRに洗われる大先輩
COAT
別名 大先輩、便乗先輩
身長 176cm
体重 78kg
生年月日 1978年頃
代表作 BABYLON STAGE 27 誘惑のラビリンス
役柄 空手部員
関連人物 野獣先輩KMR

MUR(みうら)は、野獣先輩2本目「誘惑のラビリンス」の第3章「空手部・性の裏技」に一番上の先輩として出演した男優。野獣先輩の先輩であるため「大先輩」とも呼ばれる。入浴シーンで野獣が「三浦さんそろそろ上がりませんか?」言ったことから役名が判明。

出演作[編集]

概要[編集]

縦割れ

空手部ではKMRに自身の股間を洗わせるなどの「大先輩」の名に恥じない鬼畜ぶりを披露。風呂からあがるとKMRに「お前さっき俺ら着替えてるときチラチラ見てただろ」と因縁をつけ(実際、KMRはニヤつきながらチラ見していたが)、自らの局部をKMRに見せつける露出魔ぷりを発揮し、野獣とともに鬼畜3Pに突入させた。しかし、後輩である野獣の言動に流されたり便乗したりと先輩らしからぬ点も多々見受けられる。野獣が命令気味、タメ口をきくシーンすら一部では見受けられる。演技もやや棒読み気味で、野獣の迫真の演技に見劣りすることは否めない。

後日、『ザ・フェチ Vol.10』にも出演していることが発覚。インタビューで176cm、78kg、21歳と回答し、野獣、さらにKMRよりも年下であることが判明した。自身がノンケである事を告白した後、エロ本をもちながらゴーグル男にシゴかれていた。ちなみに持ってた本は『牧瀬りなの待ちぼうけ』というビニ本である。ちなみに、“待ちぼうけ 裏本 ”で検索すると大先輩がどんな本を見ていたかを知ることができる(無修正でイヤ〜キツイっす(素))

当初は野獣とKMRの陰に隠れていたが、野獣のアドリブに対応できないせいか噛合わない会話から「痴呆」扱いされ、MAD等でいぶし銀な活躍を見せるようになり、野獣やKMRと同じく多角的な魅力を持つキャラとして人気を博している。ハードに使い込まれたアナルの縦割れも魅力。

台詞[編集]

淫夢缶バッジ 現代アート先輩