淫夢辞典/ま行

提供: 真夏の夜の淫夢Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
索引
あ行 か行 さ行 た行 な行
は行 ま行 や行 ら行 わ行
数字・記号

毎秒投稿しろ[編集 | ソースを編集]

更新頻度の高い動画につけられるコメント。派生語に「毎フレーム投稿しろ」などがある。「おまどうま」と大体同じ意味で使われる。使用は大体2015年頃〜。

真夏の夜の淫夢[編集 | ソースを編集]

あの野球選手が出演したことで有名になったBabylonシリーズのホモビデオである。全4章で、各作品にストーリー的な繋がりはほとんど無い。とある騒動で一旦回収され、現在は再度販売されているが、第1章の「極道脅迫!体育部員の逆襲」はカットされている。しかしこのパートが特にネット上に広まり、全世界でダウンロードされてしまったので後の祭り。BABYLONの1章毎の尺は約15~20分だが、この1章は約36分で通常より長めの尺をとっている。 多人数、ストーリー事情、当時の大物スポーツマン学生出演のためか、元来特別扱いされた章なのかもしれない。なお、本来のターゲットであるホモからは、出演者で注目はされたものの、ホモビデオとしての出来自体は普通と評されている。

ミーム汚染[編集 | ソースを編集]

ミーム汚染の実例

ホラー系創作サイト「SCP財団」が由来で、ある概念に対する認識が別の概念に上書きされてしまうことを指す。淫夢におけるミーム汚染の実例としては「野獣という言葉を聞いて24歳の学生を連想する」「おはぎがホモビ男優の顔に見える」などが挙げられる。

見入るホモ達[編集 | ソースを編集]

動画の見所さんに近づいてコメントがなくなった時にポツリと呟かれる言葉。「動画の元ネタが分からず困惑するホモ達」のような使われ方もする。

無言投下兄貴[編集 | ソースを編集]

それまでホモビデオなどとは一切無縁だと思われていた人物が実は関係者だと判明するきっかけ。

例:「DBの影武者→(無言投下)→実はホモビデオ出演者だった」

ニコ動などの動画サイトで、説明文をつけずに淫夢動画を投稿するときにも使われる。無言投下兄貴、オッスオッス!

無言投下失敗兄貴[編集 | ソースを編集]

ニコニコ動画で投稿者コメントをせずに投稿することはできないため特殊な文字を用いて投稿する必要があるが、打ち間違えたり、仕様が分からずに「。」「.」などと打ち込んだりした動画につけられるタグ。また「無言投下です」などと嘘をつくと「自称無言投下兄貴」というタグがつけられる。

目線DB[編集 | ソースを編集]

`゚`:.;"゚`

こ↑れ↓。DBAAの一種。最近の動画には書き込まれないと思わせてちゃっかり背景色に溶け込ませている。

目線DBも参照

めちゃあつ[編集 | ソースを編集]

電車内で録音された野獣先輩に似た声の男性の発言。本人確定もしていないのに既に野獣先輩の語録として扱われ始めている模様。ホモはせっかち。 詳しくは野獣先輩#東急目黒線を参照。

申し訳ないが○○はNG[編集 | ソースを編集]

せんずり 投稿者:変態親父 (3月8日(木)00時21分39秒)
この前から、電話してくれてるおっさん連中、申し訳ないが昼はNG
それから日曜日はまったく電話に出ることが出来ない。
電話でせんずり掻きながらよがり声をあげる声を聞きたいぜ。
平日の午後10時~午後11時30分ならOKだぜ。
それ以外は絶対に出ないから、その時間にせんずりしながら電話してくれ、
又その時間以外はドライブモードにしてあるのでまったくでないぜ。
夜10時過ぎに電話で変態的な話をしながらせんずり掻こうぜ。
わしは163*90 53歳の変態土方親父や。090-????-????
いきなりちんぽの連呼でも良いぜ。声を上げないやつはNGだ。
思い切り変態の声を上げれる奴だけ連絡してくれ。ちんぽがいきり立つ話をしようぜ。

出典:不明

変態糞親父コピペから。淫夢とは直接関係ないが、両者に共通した汚さと変態糞親父ファンを兼ねた淫夢民が多いことからよく使われる。「申し訳ないがレスリングはNG」はレスリング厨を迫害するために使われ始め、その後淫夢生で「申レN」と略される。

モデル[編集 | ソースを編集]

ホモビデオ出演者のこと。

元は白かったパンツ[編集 | ソースを編集]

ブリーフ.jpg

変態面接官SUPER S17』で野獣先輩がグレーのブリーフを履いているが、これは汚物にも例えられる野獣が不潔すぎるせいで変色してしまったものだ、という説。

ちなみに下着の上からでも股間がU字型にはっきり盛り上がっているが、この場面で「U」とコメントが付けられる。

元はホモビ[編集 | ソースを編集]

ニコニコ動画の淫夢動画でみられるコメント。あまりに完成度が高く、ホモビをネタにしていることを忘れさせてしまう作品に用いられる。